ヒコーキ情景写真

東京のドブ色の空をバックに。「鈍色」って文学的な表現もあるけど、ドブ色って呼び方のほうが好き。

20150719-DSC_4046NIKON D810 (24mm, f/5, 1/640 sec, ISO100)
20150719-DSC_4066NIKON D810 (120mm, f/5, 1/200 sec, ISO110)
20150719-DSC_4156NIKON D810 (98mm, f/5, 1/200 sec, ISO1400)

 

ドブ色が夕日に染まれば発展途上国の海みたいな色になる。素敵。TOKYO sunset

20150719-DSC_4162NIKON D810 (50mm, f/5, 1/200 sec, ISO720)
20150719-DSC_4163NIKON D810 (50mm, f/5, 1/200 sec, ISO900)

 

後から画角に入って来た人は容赦なく構図にブッ込む。筒先を避ける素振りをする人は構図から外すし、ちゃんと礼を言うか会釈くらいはする。

20150719-DSC_4270NIKON D810 (120mm, f/4, 1/200 sec, ISO6400)

 

夕焼け前。城南島は空が焼ける前に日が届かなくなる事がある。そんな時はC-PL入れて青空の中にシルエットを浮かび上がらせる。

20150719-DSC_9773NIKON D300S (24mm, f/5.6, 1/3200 sec, ISO200)
20150719-DSC_9775NIKON D300S (24mm, f/5.6, 1/3200 sec, ISO200)
20150719-DSC_9783NIKON D300S (24mm, f/5.6, 1/2500 sec, ISO200)
20150719-DSC_9791NIKON D300S (24mm, f/5.6, 1/2000 sec, ISO200)

 

この辺りは非常に悩ましい光線状態。いつもは流しちゃうけどこの日は止め画(とめえ)の日。

20150719-DSC_9794NIKON D300S (24mm, f/5.6, 1/2500 sec, ISO200)
20150719-DSC_9807NIKON D300S (120mm, f/5.6, 1/2000 sec, ISO200)
20150719-DSC_9837NIKON D300S (170mm, f/9, 1/640 sec, ISO400)
20150719-DSC_9843NIKON D300S (500mm, f/9, 1/640 sec, ISO400)
20150719-DSC_9864NIKON D300S (500mm, f/9, 1/500 sec, ISO640)

 

飽きてくると使う、MFで前ボケ。この辺で300km/hくらい出てるから、ワンショットで狙うのは難しい。

20150719-DSC_9874NIKON D300S (150mm, f/9, 1/500 sec, ISO800)

 

滑走路の誘導灯は基本的に日没時間に点灯する。夕日で機体を焼くか、誘導灯で照らすか悩む所。

20150719-DSC_9882NIKON D300S (500mm, f/9, 1/500 sec, ISO2800)
20150719-DSC_9890NIKON D300S (500mm, f/9, 1/500 sec, ISO2200)

 

かつては747で作っていた構図。民航好きなら777でも映える画に見えるけど、やっぱりインパクトに欠けるなぁ。20150719-DSC_9907NIKON D300S (500mm, f/9, 1/500 sec, ISO2500)

 

群青色の海と鈍色の空。夜の東京湾からは色気が感じられる。

20150719-DSC_9911NIKON D300S (500mm, f/9, 1/500 sec, ISO2500)

以上、流行りのヒコーキ情景写真風でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です